スマホお小遣い稼ぎ月2万~女性(主婦 OL)在宅ワークで安全に稼げる副業

在宅ワークで隙間時間を使ってすぐ稼げる、安心・安全のお小遣い稼ぎがしたいという20代・30代の女性や、パートやアルバイトの仕事が辛くなってきたけどなかなか貯金ができないという40代・50代の主婦の方などに、リスクなしで稼いでいただける、今CMなども放送されて女性の間で人気沸騰中のおすすめのお仕事をご提案します。アンケートに答えるだけ、ゲームアプリをインストールするだけでも稼ぐことができる簡単気軽な自宅バイトです。

ポイント交換・換金方法とすごい裏技

目次

 

ポイント交換・換金

 

右上のメニューから「ポイント交換」を選ぶと、ポイント交換画面に移行します。

 

ハピタスポイントを現金や電子マネーに交換する場合、そのほとんどは1ポイント1円での交換となります。

例外的にamazonギフト券やiTunesギフト券などに交換する時は、「490pt→500円分」のように2%増量で交換することができたりもしますし、逆にMobageモバコインへの交換は「2000pt→1,940モバコイン」のように、3%減る場合もあります。

 

手数料は全ての交換先で無料となっていることは、手数料一部有料の多いポイントサイト業界において、ハピタスの大きなメリットとなっています。

また交換完了に必要な日数も、他のポイントサイトと比べて非常に迅速です。

 

様々な交換先の「交換申込み」ボタンをクリックすると、会員登録時に設定した秘密の質問への答えを聞かれますので、それに回答して申請手続きに進みます。

 

交換手続きは極めて簡単で、何ポイントを交換するかを選択するだけです。

あとは各交換先への交換に必要な日数がそれぞれありますので、待つだけです。

 

交換が完了すればメールで完了通知が送られてきますので、忘れる心配はありません。

 

ポイント交換先一覧

 

ポレット(Pollet)
交換レート:1pt→1円 + 0.5%
交換完了日:交換申請より2時間程度

Amazonギフト券
交換レート:490pt→500円分
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

楽天スーパーポイント
交換レート:100pt→100ポイント
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

iTunesギフト券
交換レート:490pt→500円分
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

nanacoギフト
交換レート:500pt→500円分
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

楽天Edy
交換レート:500pt→500円分
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

WebMoney
交換レート:300pt→300point
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

Bit Cash
交換レート:300pt→300クレジット
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

PeXポイント
交換レート:300pt→3,000ポイント
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

NetMile
交換レート:500pt→500mile
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

ちょコムポイント
交換レート:300pt→300point
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

Mobageモバコインカード
交換レート:2,000pt→1,940モバコイン
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

ドットマネーギフトコード
交換レート:100pt→100マネー
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内

現金に交換
交換レート:300pt→300円
交換完了日:交換申請の翌日から3営業日以内
*ゆうちょ銀行/都市銀行/地方銀行/ネット銀行/信用金庫/農協等、金融機関コード(全銀協コード)が付与された各種金融機関へ振込が可能

 

ポイントのお得な交換先・裏技

 

ハピタスのポイント交換においては、iTunesギフト券やAmazonギフト券のように、元のポイントよりも価値を高めて交換できる交換先がありますが、それらの増量率は微々たるものです。

 

ハピタスポイントを最も換金率の高い方法で利用しようとした時、その最高の選択肢は「ソラチカルート」と呼ばれているポイント交換方法です。

 

これからその「ソラチカルート」というものを詳しくご説明いたします。

 

2018年1月19日追記

ここからご説明している「ソラチカルート」というポイント交換ルートは、2018年4月1日以降利用が不可能となりました。 

「ソラチカルート」閉鎖に伴い「新ソラチカルート」のご案内を、「ソラチカルート」の説明の下に追記しましたので、「ソラチカルート」の説明を飛ばされる方はこちらをクリックしてください。→新ソラチカルートの説明へ

 

ただし、「新ソラチカルート」の概要や、必要になってくる「ソラチカカード」は、基本的にソラチカルートの説明で書いてある内容と同じで、途中のルートに変更があるだけですので、「ソラチカルート」を知らない方は、そのまま読み進めていただいて「ソラチカルート」について把握していただけると、ごくスムーズにルートを変更するだけで「新ソラチカルート」を理解できるようになっております。

 

「旅行したい…でもお金ない」そんな時にマイルの出番

 

ソラチカルートとは、ハピタスポイントを最終的にANAマイルへと交換するために必要な交換ルートのことです。

 

ハピタスポイントの交換先には、ANAマイルはありません

しかし、いくつか別のポイントを経由すれば、最終的にANAマイルへと交換でき、そしてANAマイルへと交換された暁には、なんと元のポイントの約1.8倍以上の価値になっているというまるで魔法のような交換方法なのです。

 

このように、マイルを実際に飛行機に乗って貯めるのではなく、陸に居るまま貯める人のことを『陸マイラー(おかまいらー)』と呼んでいます。

 

陸マイラーの黄金ルートとも言うべきソラチカルートの経路は下の通りです。

 

【ハピタスポイント→ドットマネー→メトロポイント→ANAマイル】

 

続いて詳しく見ていきましょう。

 

必要な物

 

ソラチカルートでハピタスポイントをANAマイルに交換するために、どうしても用意しなくてはいけない物が一つだけあります。

 

それはANA To Me CARD PASMO JCBという、ANAが提供しているクレジットカードです。

このカードは、東京メトロのメトロポイントとANAマイルを交換できる機能を有しています。

このメトロポイントとANAマイルのホットラインこそが、ソラチカルートなのです。

このカードは通称『ソラチカカード』と呼ばれているため、この交換ルートにソラチカルートという名前がつきました。

 

ハピタスでは現在このソラチカカードの広告がありませんので、ソラチカカードの発行にハピタスポイントをつけることはできません

ですので、必要な方は公式ページのANAカードの申し込みページからお手続きください。

 


ソラチカカード申込み
ソラチカカード申込み画面より

上の画像のANA To Me CARD PASMO JCB以外のクレジットカードではソラチカルートが使えませんので間違ってお申し込みしないようご注意ください。 

 

ドットマネーへの交換

 

1.まずはドットマネーアカウント新規登録

 

まずはドットマネーでの新規登録(無料)が必要ですので、ドットマネーのサイトから会員登録を済ませます。


ドットマネートップページ
ドットマネートップページより

 

2.ハピタスでポイントを交換

 

続いて、ハピタスで「ポイント交換」から「ドットマネーギフトコード」を選びます。

この交換には、3営業日ほどかかります。

 

ハピタスポイント交換ページ
ハピタスポイント交換ページより

 

3.「ドットマネーギフトコード」を「マネー」へ

 

交換が完了すると、ハピタスに登録したメールアドレスと、マイページのメール欄に、同じ内容の、取得したドットマネーギフトコードが送られてきます

 

このギフトコードは、ギフトというくらいなので、コードさえあれば誰でもが使うことができます。

しかしこのギフトコードのままでは、ソラチカルートの次のステップに移ることができません。

まずはこのドットマネーギフトコードを、マネーへとチャージしなくてはならないのです。

 

そこで、メールの内容にあるドットマネーギフトコードをクリックすると、自動的にドットマネーのログインページに移動します。

すでにログイン済みか、ログインすると、ドットマネーギフトコードの確認ページが開きますので、「確認画面へ」というボタンを押します。

 

すると、そのギフトコードの金額と、「前に戻る」「交換する」というボタンがありますので、「交換する」を選ぶと、このギフトコードの金額が、マネーとしてチャージされます

 

チャージされたマネーは、ドットマネーのトップページから確認できますので、ちゃんとチャージされたかご確認ください。

 

ドットマネーからメトロポイントへの交換

 

ドットマネーのトップページから「マネーをつかう」を選択します。

 

ドットマネーをつかう
ドットマネーより

 

すると様々な交換方法が出てきますので、そこから「メトロポイント」を選びます。

 

ドットマネーをメトロポイントに交換する
ドットマネー交換ページより

 

メトロポイントの下にANAマイルが見えていますが、ここで交換すると、交換レートが低いので損をしますので、ここは我慢。

続いて下のような画面が出てきますので、交換するをクリック。

 

ドットマネーをメトロポイントに交換する
ドットマネー交換ページより

 

その後必要事項の記入を求められますので、これに記入して手続きを終えます。

 

このドットマネーからメトロポイントへの移行には、約一ヶ月かかります

具体的にご説明すると、毎月15日までに申請したものについては、翌月11日に交換が完了します。

それ以降の手続きになってしまうと、翌々月の11日になってしまうので注意が必要です。

 

メトロポイントからANAマイルへの交換

 

To Me CARD会員専用サイトにアクセスし、「お客様番号」「確認番号」を入力してログインします。

ちなみに「お客様番号」はクレジットカード(ソラチカカード)のカード番号の下にある10桁の数字

「確認番号」とは、パスワードのようなもので、入会時はデフォルトで生年月日の4桁が設定されてあり、この確認番号は会員専用サイトで任意の番号に変更することができます。

 

To Me CARD会員専用ページ
To Me CARD会員専用ページより

 

続いて「メトロポイント移行申請」をクリック。

 

メトロポイント移行申請
To Me CARD会員専用ページより

 

「ANAマイレージクラブ」を選択します。

 

ANAマイレージクラブへ移行
To Me CARD会員専用ページより

 

移行したいポイント数を入力し、確認画面へ、間違いなければ「送信」ボタン。

一回の移行では20,000ポイントまでが上限となります。

 

ANAマイレージクラブへ移行
To Me CARD会員専用ページより

 

このメトロポイントからANAマイルへの移行も、ドットマネーと同じく一ヶ月ほどかかります。

締め切りも同じで、15日までに申請したものは、翌月の10日前後に完了します。

15日以降に申請したものは、翌々月の10日前後となってしまいます。

 

まとめ

 

これでハピタスポイントからソラチカルートを経てANAマイルへの移行が完了しました!

 

注意点としては、中継ポイントは15日以降にポイント移行申請をすると、すごく時間がかかってしまうということですね。

ですから、ハピタスポイントをドットマネーギフトコードに交換するには3営業日かかるので、少なくとも毎月12日までには手続きを始めたほうが良いでしょう。(土日をまたぐ場合はもっと早くに申請が必要。)

そして中継ポイントでのドットマネーからメトロポイント、メトロポイントからANAマイルへの交換は、ポイント移行が完了したらすぐに手続きするようにします

 

また、メトロポイントからANAマイルに移行できるポイントの上限は20,000ポイントです。

つまり一ヶ月にソラチカルートでお得にゲットできるANAマイルの上限は18,000マイルということになります。

 

もしもご夫婦などで二枚のソラチカカードを保有してやった場合、最高36,000マイルを一ヶ月に貯めることができるということになりますね。

 

いずれにしても、ポイントサイトでお得にマイルを貯めようと思った時、一つの目安は、一ヶ月20,000ポイントということになります。

これで18,000マイルが手に入ります。

1マイルは使い方によって価値が変動するので一概には言えませんが、概ね2円前後の価値があると言われています。

つまり、36,000円分の価値があると考えて良いわけで、もともと20,000ポイントだったものが1.8倍の価値になるということです。

 

毎年のご家族での旅行を楽しみにされている主婦の方などは、ハピタスソラチカルートという黄金のツールを使って、効率的に移動費を稼いでみてはいかがでしょうか?

 

もしも毎月ハピタスで数時間作業し、毎月20,000ポイント貯めていたとしたら、年間うまくやれば216,000マイル貯めることができ、これはなんと40万円分以上の飛行機代が稼げることになります。

 

しかもマイルは、ビジネスクラスやファーストクラスの航空費にあてると、さらに価値が4倍から15倍近く跳ね上がります

例えば216,000マイルあれば、日本ーハワイ間をビジネスクラスで3往復はできます。

日本ーニューヨーク間日本ーロンドン間でもビジネスクラスで2往復ヨーロッパにファーストクラスで1往復するくらいならお釣りがきます。

 

年に1、2度の家族旅行、その飛行機代を全て賄うということも可能になってくるわけです。

 

ハピタスで20,000ポイントを稼ぐためには、クレジットカードの発行などを織り交ぜたら、事務作業3時間程度でも稼ぎ出すことは可能ですが、では時給1,000円のバイトを月に3時間、1年続けたとしていくら貯まるかというと、36,000円でしかありません。

 

かたや216,000マイルです。

この凄さ、実感していただけたでしょうか?

まさに知らなきゃ損!という裏技です。

 

追記

 

と、ここまでが以前まで書いていた文章で、ここからが新しく追記した部分になります。

ソラチカルートについて理解していただいたことを前提に、ここから新ソラチカルートについてご説明していこうと思います。

 

ソラチカルートは、「東京メトロ」と中継サイト「ドットマネー」との間の提携が打ち切られることが決定したことにより、閉鎖を余儀なくされました。

しかし、東京メトロへとポイントを移行させる方法は本当に他に無いのかと探すと、実はあと一本だけルートが残っていました。

 

その中継ポイントとなるのが「LINEポイント」です。

 

LINEポイントは、メトロポイントに300ポイント→270メトロポイント(90%の交換率)のレートで交換することができます。

つまり、ハピタスポイントをLINEポイントに交換できたら、ソラチカルートがまだ使えることになります。

 

それが「新ソラチカルート」ということになります。

 

しかし、ハピタスのポイント交換先を確認していただけたら分かりますが、ハピタスから直接LINEポイントに交換することはできません

では、どこをどう中継すればLINEポイントにたどり着くか?

それは次のようになります。

 

ハピタス→PeX→ワールドプレゼント→G-Point→LINEポイント

 

この中で曲者は「ワールドプレゼント」で、このポイントを扱うには三井住友カードが必要になります。

ですから、新ソラチカルートを利用しようと思われる方は、「ソラチカカード」の他にもう一枚「三井住友カード」を発行しなければいけません。

 

しかしそれも考え方によってはお得に稼げるとも言えなくもありません。

ハピタスでの稼ぎ方の記事でもおすすめしましたが、ハピタスで「三井住友VISAカード<エブリプラス>」を発行すると、9,000pt稼げます(2018年1月現在)

これを機会に発行してみるのも良いでしょう。

 

あとは上で書いたルートをひたすら辿ってポイント交換を繰り返していくだけで、LINEポイントへとたどり着き、そしてそのLINEポイントをメトロポイントに交換し、最後ANAマイルへと移行させて新ソラチカルートの完成となります。

 

交換手順の詳細

 

では新ソラチカルートの交換手順をひとつひとつ画像付きで見ていきたいと思います。

画像は全てパソコンからの操作画面で統一しています。

 

PeXへの交換

PeXへの無料会員登録を済ませていない方は、まずPeXに無料会員登録をしておきましょう。

PeX公式サイトへ

 

PeXはハピタスなどと同じで、完全に無料で利用できる信頼できる有名ポイント交換サイトですので、会員登録は気軽に行って大丈夫です。

ダイレクトメールもほぼ届きません。

 

PeXトップページ
PeXトップページより

 

PeXに会員登録したら、ハピタスの「ポイント交換」ページから、『PeX』を選び、秘密の質問への答えを入力し、「PeX口座番号」「交換額」を入力して交換申請を完了させます。

 

ハピタスポイント交換ページ
ハピタスポイント交換ページより

 

この時の「PeX口座番号」とは、PeXにログインして「通帳」を見た時の、「現在のポイント」の上部にある16桁の数字のことです。

 

約4日後までにポイント交換が完了します。

 

PeXからワールドプレゼントへ

PeXからワールドプレゼントへのポイント交換には、先ほども書きましたが「三井住友カード」が必要になりますので、まずはクレジットカードの発行を行いましょう。

おすすめは年会費も無料の「三井住友VISAカード<エブリプラス>」です。

 

その上で、Vpass登録を済ませてVpassのログインIDとパスワードを取得しておく必要があります。

Vpass登録はカード会員のトップページから登録手続きができます。

三井住友カード公式サイトでVpass登録をする

 

Vpassトップページ

 ↓

Vpass登録ページ
Vpassページより

 

利用規約に同意して進むと、クレジットカードに記載された「会員番号」や「カード有効期限」「生年月日」、カード裏面に記載された「セキュリティコード」、「電話番号」を入力し、さらに「Vpassの希望ID」「パスワード」「ハンドルネーム」「メールアドレス」などを記入して登録を完了させます。

Vpassの登録は無料です

 

これでVpassのIDとパスワードが作れました。

 

そうしたらPeXにログインして「交換先を見つける」から「電子マネー・ポイント」を選ぶと、『ワールドプレゼント』が見つけられます。

 

PeXポイント交換ページ
PeXポイント交換ページより

 

VpassのログインIDとパスワードを入力して交換申請を完了させます。

交換完了はかなり遅く、翌月の25日前後にポイントが移行されます。

 

ワールドプレゼントからGポイントへ

Gポイントに会員登録していない方は、まずGポイントの公式サイトで無料会員登録を済ませてください。

もちろん完全無料で登録できますのでご安心ください。

危険性は一切ありません。

Gポイント公式サイトに無料会員登録をしにいく

 

G-pointトップページ
G-pointトップページより

 

また、ワールドプレゼントからの交換をする際、初回のみ、Gポイントとワールドポイントの情報を紐づける作業が必要になります。

 

その方法は、まずGポイントのページの「ポイント交換」をクリックし「他ポイントから交換」→『ワールドプレゼント(三井住友カード株式会社)』を選びます。

 

G-pointポイント交換ページ

↓ 

G-pointポイント交換ページ
G-pointポイント交換ページより

 

その後「Gポイントに交換する」→「交換したいサービスの会員の方はこちら」を選び、VpassのIDとパスワードを入力して完了です。

 

G-point紐付け

 ↓

G-point紐付け
G-pointポイント交換ページより

 

次にVpassにログインしてワールドプレゼントのポイント交換ページを下にスクロールしていくと「ポイントサービス」というカテゴリに『Gポイント』が見つけられます。

 

ワールドプレゼントポイント交換ページ
ワールドプレゼントポイント交換ページより

 

「お申し込みはこちら」をクリックすると、カード情報の入力を求められますので、入力し、最後に交換したいポイント数を入力して、決定します。

 

決定すると即時にGポイントへのポイント移行が完了します。

 

GポイントからLINEポイントへ

まずLINEアプリをインストールされていない方は、スマホからLINEアプリをインストールし、アカウント登録を行ってください。

 

その後、Gポイントの「ポイント交換」から「Gポイントを交換」を選び、一覧の中から『LINEポイント(LINE株式会社)』を見つけます。

 

GポイントからLINEポイントに交換する
G-pointポイント交換ページより

 

交換申込みに進むと、初回のみ、LINEとの情報の紐付けが必要となり、LINEで登録したメールアドレスとパスワードを入力し、LINEポイント会員番号を送信します。

 

そうすると、認証は即時に完了し、そのままポイント交換ページに移行でき、申込みを完了させます。

 

G-point LINE 紐付け

G-point LINE 紐付け

G-point LINE 紐付け
G-pointポイント交換ページより

 

LINEポイントへの交換を申請すると、2〜3日後に交換が完了します。

 

LINEポイントからメトロポイントへ

まずは「ソラチカカード」が必要になりますが、ソラチカカード発行の手順は重複になりますので「ソラチカルートに必要な物(クリックでページ内ジャンプ)」をご覧ください。

 

ソラチカカードが用意できたら、LINEアプリのメニューから「LINEポイント」を選び、「使う」のタブを選択して下にスクロールすると、「交換」のところに『メトロポイント』があります。

 

交換には「To Me CARD お客様番号」「氏名(ローマ字表記)」を求められますので、これを入力して交換申請を完了させます。

ちなみに”お客様番号”とは、ソラチカカードのカード番号の下にある10桁の数字になります。

 

 

LINEポイントをメトロポイントへ交換

LINEポイントをメトロポイントへ交換
LINEポイント交換ページより

 

ちなみに一回に最高1,000ポイントまでしか交換できないので、大量に移行させたい場合は、何度も繰り返し申込み手続きを踏んでください。

 

交換申請が完了すると、毎月15日までの分は翌月10日頃に、15日以降の分は、翌々月の10日頃に移行完了します。

 

メトロポイントからANAマイルへ

これは、旧ソラチカルートのところでご説明した通りなので、そちら「メトロポイントからANAマイルへの交換(クリックでジャンプ)」を参照してください。

 

このポイント以降も、毎月15日までの分は翌月10日頃に、15日以降の分は、翌々月の10日頃に反映されます。

気長に待ちましょう。

 

かかる日数とレート

 

ハピタスから、最終的にANAマイルにたどり着くまでに、だいたいどれくらいの日数がかかるかを大まかに計算してみます。

 

【ハピタス→PeX】約4日

【PeX→ワールドプレゼント】翌月25日前後

【ワールドプレゼント→Gポイント】即時

【Gポイント→LINEポイント】約2日

【LINEポイント→メトロポイント】毎月15日締め翌月10日頃

【メトロポイント→ANAマイル】毎月15日締め翌月10日頃

 

例えば1月1日にハピタスから出発すると、1月5日頃にはPeX、2月25日前後にワールドポイント、Gポイントと移行し、2月27日にはLINEポイントとなっています。

そこから申し込めば4月10日頃にメトロポイントとなり、すぐに申請して翌月5月10日頃にANAマイルへとなっている計算になります。

 

概ね130日間ほどかかっています。

 

それでも毎月欠かさず交換申請をすれば、5ヶ月後くらいにはコンスタントに毎月ANAマイルが効率的に貯まるようになってくるでしょう。

 

そして交換レートですが、途中GポイントからLINEポイントに交換する時に手数料として5%取られるのですが、これに限ってはGポイントの定める条件をクリアすると後日手数料が戻ってくるので、レート変動は無いとすると、LINEポイントからメトロポイントに交換する時に0.9倍(90%)、そして最後メトロポイントからANAマイルに交換する時にも0.9倍(90%)となります。

 

最終的には元のポイントの81%マイルに交換されるということになります。

ハピタスポイント10,000ptならば、8100マイルになります。

 

一瞬苦労して交換を繰り返して、逆に減っているように見えますが、しかしANAマイルは概ね1マイル2円前後の価値があると言われていますので、16,200円前後の価値、ビジネスクラスやファーストクラスの席を取るならなんと4倍から15倍近くまで1マイルの価値が跳ね上がることを考えると、面倒な手続きを踏んででも毎月ルーティンを組んで取り組むべきことだと言えると思います。

 

今までのソラチカルートですと90%でマイルに交換できたので、新ソラチカルートは9%の損がありますが、”陸マイラー”にとっては、まだルートが残されているだけ御の字という感じではあります。

 

総まとめ

 

如何だったでしょうか?

ハピタスがお勧めであるという点を改めて挙げてみますと以下のようになります。

 

・ハピタスは誰でもすぐに無料で始められる

・ハピタスは隙間時間に好きなだけ稼げる

・ハピタスでお小遣い稼ぎをするには面接も通勤も必要無し

・ハピタスは安心と信頼の大手ポイントサイトでポイント還元率も業界一

・ハピタスは生活の様々なお買い物シーンで二重にポイントが稼げる

・ハピタスは高額案件をうまく使って効率的に稼げばみるみるポイントが貯まる

・ハピタスポイントは新ソラチカルートで超お得にANAマイルに交換できる

・ハピタスポイントに失効期限はない

  

ずっと無料で利用でき、ポイントの有効期限も無い

カードを発行するだけ、見積もりを請求するだけ、保険相談を受けるだけなどで、大量のポイントが稼げて、そのポイントはゆうに1.5倍以上の価値で交換できる

 

なぜ私がハピタスを強くお勧めするのかが、お伝えできたでしょうか?

この機会にぜひ、本当に賢いハピタス生活を、スタートさせてください。

 

まずは無料で気軽に新規会員登録を。

登録はこちらから(今なら新規会員登録で30ptプレゼント中!)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

参考サイト様一覧

 

© 2017 女性の仕事探し~掛け持ちでも安心自宅でできるバレないアルバイト